歴史と経営理念

経営理念

経営理念

家業であれ企業であれ顧客の望むものを造ることができなければ生き残れない。
小規模蔵を継続させることへの覚悟は、「酒で出来た家なら酒に返せばよい。」と開き直ったところで定まりました。

「暮らしの中で親しまれる銘酒」をめざし、基本は地元に根ざした手造り純米酒を大事にしていますが、常に挑戦する姿勢を大事にしたいので、全国を視野におき、原料米、設備、技術、そしてそれらをまとめた経営姿勢で最高水準を追求していきたいと念じています。

当蔵の状況

1990年頃から約10年程度の間で、「日常生活で親しまれる本物のお酒」に集中したことが受け入れられ、当時の設備では品質を保つ意味での上限まで成長させていただきました。2000年頃以降、リキュール用の純米酒、輸出も合計した総出荷量は、10年以上ほぼ安定していました。

本物の日本酒に対する見直しが始まり国内での引き合いが強まるとともに、海外でも日本の食文化への関心が高まり、純米吟醸以上の高級部門の増産要請が強いため、もう一段の製造能力の拡充を、2010年代に入ってから取り組み始めました。また品質面についても全国レベルでの競争を意識した設備の交換と改良を続けています。

出荷量の95%超が純米醸造であり、純米酒に特化しています。また和歌山県内への出荷比率も60%台を維持し、地元においても純米酒中心の蔵であると認められております。

仕込み水がやや硬水であり、力強い発酵力が得られるため、味わいは幅があって柔らかく、旨みや飲み応えのある酒質の特徴があります。もちろん広域の優良産地からの米の確保や、社員の製造技術の錬磨、研鑽、製造設備の向上等にも努めておりますが、基底において、蔵の風土に合わせた酒づくり、蔵の個性を大事にしていきたいと考えております。

蔵の歴史

和歌山市の南方約10㎞に位置する海南市「黒江」は、室町時代から漆器産地として栄えた職人の街です。かつて奥まった入り江で、万葉集に「黒牛潟」として詠まれた風光明媚の地で、蔵の付近には黒い牛の形をした岩が浜辺にあったと云います。その後地震による隆起と埋立により黒牛を地名の由来とする黒江の市街地が形成されます。

1866年(慶応2年)当時繁栄を極めた漆器職人達を顧客として酒造りを始めたのは、名手源兵衛でした。安原村江南(現在の和歌山市東南部の農家集落)の自作農の出で、肥料商(名手屋)に奉公に出て認められ、暖簾分けを受けた由兵衛の三男、源兵衛は一旦蝋燭製造を志すも失敗、傘をさして通れないほどの細い路地裏に逼塞します。本家へ雇い戻してもらい修行の後、今の蔵のやや北方にあった江戸時代を通じて醸造していた酒蔵を本家からの借入金200両で株を買い再起を図ったのが、今度は成功したというのが沿革です。

革沿

 明治5年
87石
 明治7年
現在の蔵の位置へ移動
 明治14年
543石 清酒造石高姓名簿
 明治28年
1288石 この前後3年間 和歌山市北新5丁目に出蔵を保有
 大正8年


1124石 工場通覧
県下唯一のもろみ検査省略指定蔵となる等、戦前から高品質志向があり、
吟醸酒用に当時珍しい冷房蔵を建設し冷用酒を販売等しています。
 昭和12年
1303石 基本石数
 昭和13年
企業整備令で海南酒造有限会社へ合併
 昭和24年
名手酒造店として分離
 昭和57年
株式会社へ改組
 昭和59年
酒づくり資料館「温故伝承館」開館
 昭和63年
全国新酒鑑評会にて金賞受賞
 平成元年
(同上)
 平成3年
(同上)
 平成7年
黒牛茶屋(本社販売場)を建設
 平成24年
製麹装置吟醸対応に交換、純米吟醸以上の強化に着手
 平成26年
全国新酒鑑評会に今の杜氏で初めての金賞受賞
原料処理棟を建設(甑、放冷機、洗米機等を一新)
 平成27年

全国新酒鑑評会金賞
2015年IWC酒部門、純米吟醸、純米大吟醸カテゴリーでGOLD受賞


明治20年代一時的に県下最大の造石をしたこともあるほど販路を拡大する中で塩田、農地等に投資するとともに酒販売、宅地開発、と事業を拡大、特に黒潮海運を設立、南洋に航路を開設します。しかし第二次大戦で全船舶を喪失、農地解放で農地を失ったため酒造業だけが残りました。

混乱を乗り切った後、清酒製造部門の将来性に疑問を持ち規模拡大に消極的であったため、拡大指向のメーカーに大きく差をあけられ、小規模に留まってしまいます。これがかえって品質指向の時代への転換が容易であった原因とも言えます。
昭和57年頃より吟醸酒生産は開始していましたが、昭和63年には課税移出数量移出500石、灘への未納税が1000石、という状態まで縮小生産が続きます。

昭和59年12月「酒づくり資料館 温故伝承館」を旧精米場に開設し、小規模でも高品質で酒造業を継続する方針を固めた以降、徹底的な高品質化路線を取ることとなります。平成2年から純米酒「黒牛」を発売し主力商品とした他、和歌山県の清酒産地としてのイメージ向上のため、地元での酒米契約栽培に取り組む等新たな展開を図ってまいりました。2011年の東日本震災以降輸出に着手し、全国レベルでの品質競争への対応も強化しており、一層のブランドとしての成長をめざし、次のステージに入っています。

ともすれば保守的イメージが酒造家にはありますが、当蔵の場合、農家出の職人街育ちの沿革や、紀州の風土とも相まって、積極性のある歴史の変遷を辿ってきています。その時代、時代をどう生き抜くのか試行錯誤を続けてきた一方で、酒造業だけは一貫して核心分野であったことはたしかです。

21世紀を迎え3世紀に跨る挑戦は、杜氏制から社員制への転換、高品質かつ地域としての個性を持つ商品の開発、そして一貫してお客様が納得して飲んでくれる酒づくり、を核として継続してまいります。

酒類製造業者の社会的責任について

●当社また社員全員は飲酒運転は絶対しない、またさせないことを営業活動上徹底しております。
●未成年者への製品の販売はしないことを堅く守り、またさせないよう指導、啓蒙いたします。
●当社は酒類の致酔性飲料としての特性をよく理解し、アルコールと健康問題の関連に充分認識し、
  「飲酒は適量にとどめる」「飲酒に際しては水分を併せて摂る(和らぎ水)」ことをを推奨、普及に努めます。
   また「妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがある」旨注意喚起いたします。
●当社は、環境保護、二酸化炭素排出抑制問題を真剣に受け止め、容器の再使用、リサイクル率の向上に努め再資源化義務を誠実に履行いたしております。

広告宣伝ポリシー

●紙パック、アルミニウム缶入り製品は当社本体では扱っておりません。
●当社はテレビ、交通機関への看板広告は原則いたしておりません。
●利き酒、試飲は無差別にすすめず、飲酒運転のおそれがないことを確認のうえ行うものとします。
●その他無責任なアルコール摂取をすすめるマーケティング方法は採りません。
  「目立った宣伝はせずに、心のこもった製品を送り出し、分別ある大人に嗜んでいただく」方針です。